スイング中の頭の動き

スイングには頭の動きがポイント


  • スイング時に頭は動かさないように、とよく言われますが、実際は頭の位置は下にも横にも動いています。スイングするには体重移動が必要ですが、頭はどの程度動いて良いものなのでしょうか。


 ポイント1 頭は少し右に動く
  • まず、アドレスとインパクトの体勢で最も違う点は、インパクトでは体重移動が行われているという点です。

  • スイングでは左足を軸の中心として体を回転させるので上体が沈み込みます。その時に頭が少しだけ右に動きます。頭がインパクトで右に動くのは、左足に体重が移ろうとする動きに上体が反発して、引っ張り合うことによって力を伝えようとするためです。

 ポイント2 頭は10センチ程度沈む
  • 次に、左足に体重を移すために踏み込みながら、左股の関節を中心に体を回転させていきます。この時に左股の関節を入れていく、つまり、内側に折るような動きをすることによって前傾が深くなるため、頭が沈むのです。

  • 前傾が深くなると、懐が広くなります。そのため、クラブの通り道ができやすくクラブをスムーズに振れて方向性が良くなるという利点もあります。

 ポイント3 肩の高さは水平を保つ
  • インパクトで頭は沈み込んでも、肩の高さは水平を保つように意識しましょう。

  • そのようにすることでボールを上から打ち込むために起こるミスを防ぐという効果があります。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判