ゴルフ上達にはリズムが大切

リズムを大切にすることがゴルフ上達への近道


  • ゴルフといえば良いリズムを作ることが大事だとよく言われますよね。 ゴルフコースでは、ほとんどの時間を移動の時間に費やします。

  • ハーフラウンドを約2時間30分で回るとすると、ワンラウンド合計で約5時間ですが、実際にボールを打っている時間は20分程度だと言われています。 そうです、ボールを打っている時間はコース上にいる時間の10%未満なのです。

  • 打っている時間以外、すなわち、移動の時間をどのように上手く使うかが、上手くリズムを作っていくポイントになります。


  早めに移動して次に自分が打つショットを考える時間を作ることがポイント
  • 常にパーティーの先頭を歩いて前向きな気持ちを作ることが大事です。 ボールを打ち終えたら、たとえミスショットであってもすぐに気持ちを切り替えて一番前を歩くようにしましょう。

  • ミスをしてがっかりしてしまう気持ちは分かりますが、パーティーの一番後ろを肩を落として歩いていたのでは良いリズムは生まれません。

  • ボールを打ち終えたらすぐに移動して、早めに次に打つ自分のボールの所まで行くことができれば、次のショットをどのように攻めていけば良いのか考える時間を作ることができますし、周りの状況も余裕を持って観察することができます。

  • このように、パーティーの一番前を歩いて前向きな気持ちでプレーをしましょう。 そうすることで、自分が気持ちよくプレーできるだけでなく、一緒にラウンドしている人も気持ち良くプレーすることができるはずです。このような行動によって自然と良いリズムを作り出すことができるため、結果的に好スコアにも繋がってくるものです。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判