バンカーの打ち方

バンカーの攻略法


グリップの握り方
  • バンカーショットではグリップが重要になります。グリップを握る位置ですが、通常のショットよりも少し短く握るのが基本です。クラブのバンスを利用して砂を爆発(エクスプロージョンショット)させてボールを脱出するため、クラブフェースのエッジを時計の1時の方向に合わせて開き、開いた状態からグリップを握るようにします。
スタンス
  • 次にスタンスですが、バンカーではオープンスタンスに構えるように、とよく言われますが、足をどのくらいオープンに開いて構えればいいのか分かりませんよね。先程ファースを1時の方向に開きましたが、クラブフェース(エッジ)が自分の打ちたい方向に向くまで足を開くようにできればOKです。
  • オープンスタンスができたら次に体重(ウエイト)をやや左足(目標方向の足)体重でかけます。大体6(左足)対4(右足)のウエイトの割合を目安にして下さい。
  • また、グリップの位置はハンドファーストには構えず、体の中央にセットすると良いでしょう。ハンドファーストに構えてしまうとインパクトでグリップが先行してしまうため、フェースが立ってしまいボールが高く上がらなくなってしまいます。
スイング
  • 最後にスイングですが、構えたスタンス通りに振っていって下さい。オープンスタンスで構えているためクラブが振り抜きやすくなり、アウトサイドインの軌道でスイングすることができます。
  • ダウンスイングでヘッドを落としていく位置はボールの2センチ位手前を目安にすると良いでしょう。バンカーショットで失敗する方は、ボールをすくい上げようとするあまり、右足体重で構えてしまい右肩が下がってしまっています。このように構えると逆に左肩が上がってしまうためクラブヘッドがボールのかなり手前から入ってしまいボールを脱出させることが難しくなってしまいます。
インパクトの強さ
  • バンカーショットでの距離の長短をコントロールしたい時は、インパクトの強さでコントロールします。もしアプローチのようにバックスイングの振り幅で決めてしまうと、振り幅が小さい時にはエクスプロージョンショットでバンカーから脱出するだけのスイングスピードがでないためです。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判