ラウンド前の練習法

コースラウンド前にやっておくと効果的な練習方法


 パッティング:ラウンド前には練習グリーンで準備をしましょう
  • 練習グリーンでパッティングの調整を行うのと行わないのではスコアに大きな開きがでてきます。

  • グリーンの早さはコースによって違いますし、その日のコンディションによっても変わってきますので、ラウンド前にはできるだけ練習グリーンに出て、その日の感覚を掴んでおくことをお勧めします。


 パッティング:パッティング:長い距離から始め、除々に距離を短くする
  • 練習グリーンで練習を始める時は、まず長い距離からパッティングを行うことをオススメします。また、最初はできるだけ平らなラインを選んで行いましょう。

  • パッティングのストロークは振り幅で調節することが1つの基準になります。 そのため、最初はしっかり振るようにしましょう。 しっかり振ることで、それ以上は転がらないということを確認できますので安心感が生まれます。

  • 打つ距離を除々に短くしていき、その際に自分の振り幅でどのくらいの距離が転がるのかを確認しておくようにしましょう。

 パッティング:自分の足のスタンスを振り幅の目安とする
  • 目安となる振り幅を確認する最適な方法は、自分の足のスタンスです。

  • また、ボールは左目の下に置くのが一般的ですが、パターの打ち方は特に決まっていません。

  • まず、両足を肩幅に開いて、ボールを左目の下に置きましょう、そして、パッティングをする時に、自分のシューズを目印にして、右足の外側シューズ1つ分まで振り幅を広げます。その振り幅で打った時に転がる距離を確認します。

  • 次に、右足までの振り幅、その次は、右足の内側にシューズ1つ分までの振り幅、さらに次は、右足の内側にシューズ2つ分までの振り幅で打ち分けてみて、ボールの転がる距離を確認していきましょう。

 パッティング:フェースとボールをくっつけて打つ練習をする
  • とても重要な練習法として、フェースとボールをくっつけて打つ練習をしておきましょう。

  • この練習法はとても重要ですし、本当にお勧めです。なぜなら、ボールがそれ以上転がらない距離を把握することができるからです。

 パッティング:最後に、スライス・フックラインや、上り・下りのラインを練習する
  • 練習の最後に、スライスラインやフックライン、また、上りのラインや下りのラインの練習をしましょう。

  • これだけ練習してからコースへ出れば、最初のグリーンで緊張することもないですし、自信を持ってストロークできるはずです。

  • パットイズマネーと言われるほどパッティングは重要です。アマチュアの方はなかなかパッティングの練習をすることがありませんから是非、ラウンド前の練習グリーンはしっかりと調整をなさって下さい。必ずやスコアメイクに繋がることでしょう。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判