練習場での練習法

練習場でできる練習方法の紹介


 片手打ちで練習する
  • ゴルフを始めて間もない方の悩みの種はダフリとトップではないでしょうか。

  • これを直す練習方法は片手打ちで練習することです。

  • ダフリがよく出る方は、右手に力が入り過ぎていることが原因です。反対に、トップがよく出る方は、左手に力が入りすぎていることが原因なのです。

  • ダフリがよく出る方は右手1本で振ってみてください。おそらくダフってしまうと思います。反対にトップがよく出る方は左手1本で振ると、トップしてしまうと思います。

  • そこで、ダフリがよく出てしまう方は、左手1本で練習し、トップがよく出てしまう方は右手1本で練習することによって、左右のバランスが良くなり、ダフリとトップが軽減されていくでしょう。

 2本のクラブで練習する
  • スイングがなかなか安定しない方には2本のクラブで練習する方法をお勧めします。よくショットが左右にブレてしまう方はスイングが一定ではないため、スイングを一定にする方法が効果的です。

  • まず、左右の手に1本ずつクラブを握り、両手の間は15p程度空けます。その間隔を保ちながら、テークバック、トップ、ダウンスイング、フィニッシュと振ってみてください。

  • スイングが一定でない方は、2本のシャフトが当たったり、大きく交差したりしてしまいます。慣れないうちは、ゆっくりで良いのでテークバック、トップ、ダウンスイング、フィニッシュと振っていきましょう。

  • この練習の後、1本のクラブでスイングをしてみると左右のバランスが整えられて、安定したスイングプレーンに近づいていくでしょう。

 クラブは短い番手から練習する
  • 練習場でドライバーから練習している方がいらっしゃいますが、クラブは短い番手から長い番手にしていくのが基本です。(サンドウェッジから始めてドライバーまで)

  • それは徐々に身体を慣らしていくためにほかなりません。

  • 一番長い番手のドライバーを打ち終わった後、最後にもう一度サンドウェッジでアプローチの練習をしておくと良いでしょう。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判