雨天でのゴルフ

雨が降った時にゴルフで注意すること


 雨の日に一番注意すること
  • 雨の日のゴルフで一番気を付ける点は、グリップを濡らさないことです。グリップが滑ると大きなミスに繋がるため、ショットの前には必ずタオルでグリップの水分を拭き取るようにしましょう。

  • また、グリップが濡れていなくてもグローブが濡れていてはクラブをしっかりコントロールすることができませんので、替えのグローブを持って行くことをお勧めします。

 雨の日に着るゴルフウェアに気を配る
  • 他に注意する点としては、レインウェアの下に着るゴルフウェアです。

  • ただでさえレインウェアがショットの妨げになってしまうのに、ゴルフウェアまで厚手の服を着ていたのではプレーに支障をきたしてしまいます。そうならないためにも、レインウェアを着ることを考えた服装にしましょう。

 雨の日の打ち方
  • 雨の日はレインウェアを着ているため、普段スイングをする時に比べて身体が回転しにくくなっているものです。そのような状態でフルスイングをするとミスをする確率が高くなってしまいますので、コンパクトなスイングを心掛けるようにしましょう。

  • また、雨の日はランも出にくくなっているため、できるだけ高い弾道の球を打つ方が飛距離ロスを抑えられます。そこで、ユーティリティーなど高い弾道が打てるクラブで攻めることも1つの戦略になります。

  • さらに、雨の日は地面が柔らかくなっているため、ボールを打つ際にはボールの置く位置を少し右側にずらすことによりボールをクリーンに捉えられる確率が高くなります。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判