転がりの良いボールを打つための攻略法

ボールの転がりを良くするための打ち方


  • 転がりの良いボールを打つためには、パッティング時のボールの置く位置が重要になってきます。


 転がりの良いボールを打つための攻略法
  • ボールの位置について、まず、前後の位置関係は、上から見た時に左目の真下に置くことが望ましいと言われていますが、上半身を前傾していることもあってか、上から見た時には、左目の真下よりも少し上側(身体から遠い側)に置いているプロゴルファーが多いようです。決して、左目の真下よりも下側(身体に近い側)には入れないようにして下さい。なぜなら、身体に近い位置にボールを置きすぎてしまうと、ラインを正確に読むことができなくなってしまうと同時に、窮屈なストロークになってしまうからです。

  • 次に、左右の関係ですが、前述したように、基本的には左目の下に置くことが望ましいと言われています。仮に身体の中央よりも右側に置いてしまうと、ストロークをした時に、上から下へボールをヒットする形になるため、バックスピンがかかりすぎてしまうといった弊害が生まれてしまい、転がりの良いボールを打つことが難しくなってしまいます。

  • また、手首を使うのも、転がりの良いボールを打つためには良くありません。ですので、ボールを正しい位置にセットしたら、手首は使わずに、同じスピードで左右対称のストロークでパターヘッドを動かすようにしていきましょう。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判