ショートパットの攻略法

ショートパットを攻略するための打ち方


 1メートル以内のショートパットは、「お先!」と言って、先に打つ方が良い結果を生む
  • ファーストパットを打ち終えた後、残り距離を確認し、1メートルも残っていないショートパットであれば、「お先に!」と言って、先に打ってしまうと滅多に外れることはないと言えます。
    なぜなら、ファーストパットを打った後なので、身体にリズムが残ったままでセカンドパットに移れるからです。また、あれこれ考えずにセカンドパットを打てることも外すことのない要因です。  
  •  
  • もし、1メートルも残っていないショートパットをマークしてしまうと、リズムが一旦切れてしまいますし、次に自分がパットをするまでの間に色々と考える時間があるので、迷ってしまってパッティングにも影響してしまいます。  

 左足にウエイトをかけ、カップの奥に当てるつもりで強めにヒットすると良い結果を生む
  • 1メートル以内のセカンドパットを「お先に!」と言って打つ場合、しっかりアドレスもとらずに、パターヘッドでカップに向かって上からポンと打つイメージなので、ボールの球筋も自然と強くなり、直線的に転がりやすくなります。

  • ショートパットのポイントは、直線的にカップの奥にぶつけて入れるくらいのつもりで強くヒットすることが大切で、かなりきつい傾斜でもなければ、まず外すことはないと言えます。

  • アプローチでうまく寄せることができた場合でも、1メートル以内の残り距離であれば、左足にウエイトをかけ、カップの奥に当てるつもりで直線的に強めに打てば、まず外すことはないでしょう。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判