傾斜対処法(つま先下がり+左足下がり)

つま先下がり+左足下がりの打ち方


 スタンスは広めにし、地球に対して体の軸(背骨)を垂直にして立つ
  • この傾斜では、下半身を安定させることが重要になるため、肩幅よりも広めにしましょう。また、下半身を安定するために、両膝を深く曲げ、お尻を落としてどっしり構えるようにし、重心を下げるようにします。

  • 傾斜に対する立ち方は、地球に対して背骨が垂直になるように立つようにします。そのため、右足に体重が乗る形になります。

 ボールは中央に置き、グリップは長めに持つ
  • ボールは通常のライと同様に中央に置きます。これは、地球に対して背骨が垂直になるように立つため、通常のライと同様の体勢を取っているためです。

  • グリップは、ボールが遠くにあるため、少し長めに持つようにしましょう。

 右足かかとはベタ足のまま振る
  • 左足下がりなので、ボールは上がりにくく、スライスになりやすいライです。しかし、スライスを避けようとするあまり、手首を返したりすると、引っかけが出てしまいます。 そのため、自分が得意のロフトの大きい番手(8番9番)を選択して自分が残したい距離まで確実にレイアップし、次のショットでピンをしっかり狙える位置まで打つことをお勧めします。

  • このライでのスイングでは、ボールをしっかり捕える必要があるため、ベタ足のままで振っていき、その際に右膝を左膝に近づけるようにして、右足かかとをできるだけ抑えて打つように心掛けるようにしましょう。このように振っていくことで、ヘッドを斜面に対して低く長く出していくことが可能となります。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判