傾斜対処法(つま先上がり+左足上がり)

つま先上がり+左足上がりの打ち方


 無駄な体重移動はせず、下半身を固定する
  • このような傾斜では、体の回転でスイングすることは難しいため、下半身は固定して打つようにしましょう。無理に下半身を使おうとすると体のバランスが崩れてボールをしっかりヒットしにくくなってしまいます。

 ボールは通常より若干右に置き、グリップを短く持つ
  • 下半身を使わずにスイングできるようにするためにボールは通常より若干右側に置きましょう。また、傾斜では、ボールと体の距離が離れるほど左へ飛びやすくなるため、クラブは短めに持ち、できるだけボールと体の距離を縮めて打つことが望ましいと言えます。

  • 距離を稼ごうとしてクラブを少し長めに持ってミスする率を高くするよりも、飛距離は落ちますが、クラブを短く持った方がその分ミート率が上がりますので、自分が残したい距離まで確実にレイアップすることをお勧めします。

 左足に軸を置きスイングする
  • 右足に軸を置いてスイングすると、下からすくい上げる打ち方になってしまうため、左足に体重を乗せ、左足の軸の上で回転するイメージでスイングするとスムーズに振っていくことができます。

  • このように打つことで、スイングもコンパクトになり、無駄な体重移動や上下動が抑えられるため、ボールが捕まりやすくミート率もアップします。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判