ドライバースライス対処法

ドライバーのスライスを回避する打ち方


  • 悪いアドレスから良いショットを打つことはとても難しく、スライスは出るべくして出ているものだと言えます。もし、あなたが以下のような方法でしっかりと準備をしておけば大事な場面でスライスが出る可能性を極端に減らすことができます。

  • また、スライスはメンタル面によるところも大きいため、打つ前に以下に挙げるような準備をしっかり行っておけば、気持ちをリラックスさせることができ、スライスが起こる前に対応することができるでしょう。

  • 実は、調子が良い時ほどスライスが出やすいものなのです。それは、調子が良いために気がはやって打ち急いでしまうからです。もし、ラウンド中にスライスが出始めたなと感じた時は、打つ前に少し時間を作って以下の点を確認してみ下さい。


 ボールのはかかと内側線上よりも内側に置く
  • ボールの置く位置の基本は、左足(レフティー:右足)のかかと内側線上が一般的です。 それより左(レフティー:右)に置けば置くほどスライスは起こりやすくなります。 なぜなら、左肩の捻転が浅くなるため、アウトサイドインの軌道になりやすく、ヘッドが外側から下りてきやすくなるからです。

  • そのため、絶対にスライスしたくない時は、ボールを内側に置きましょう。そうすることで、クローズスタンスをとった時と同じ状態でスイングできるため、インサイドアウトの軌道になり、ヘッドが内側から下りてきやすくなるのです。

 グリップはフックに握る
  • スライスが起こる原因の多くは、スイングの振り遅れによるフェースの開きによるものです。スクエアグリップやウィークグリップで握ると、フェースを返す動きをいれなければ真っすぐ打つことは難しくなるため、初めからフックグリップで握って手首を返さずに振っていくことをお勧めします

 背中を丸めずに、お尻を突き出して腰を高い位置に置くイメージで構える
  • スライスが起こる原因としては、インパクト時に体が伸び上がってしまうということも考えられます。 そのため、スイング中に体が伸び上がるのを抑えなければなりません。

  • その対処法としては、胸を張り、お尻を突き出して、背中を丸めずに構えるようにして前傾角度を保つように心掛けて下さい。腰を少し高い位置に上げて構えるようなイメージを持つと良いでしょう。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判