ベアグラウンドからの打ち方

ベアグラウンドの打ち方を知ろう


 ベアグラウンドの打ち方
  • ベアグラウンドでは、ボールと地面の間にクラブが入る隙間がないので、すくい上げようとせず、ボールを直接ヒットすることが必要になります。ボールをすくい上げようとすると、クラブが地面に跳ね返されてトップになるか、ダフるといったミスに繋がります。

  • そのため、このケースでは、ボールを中央から1個分右寄りに置き、グリップを左内ももの内側の前にもってきてハンドファーストで構えます。体重は左足にかけ、そのウエイトのままクラブを上から下に振っていきます。ハンドファーストに構えているため、ダフリやトップのミスはなく、ボールをクリーンにヒットしていけるはずです。

 ベアグラウンドからのアプローチ
  • ベアグラウンドからのアプローチにおいても、前述したボールを直接ヒットすることが必要になります。このアプローチでは、ランニングアプローチで転がしていくこと打ち方が最適です。

  • スタンスは狭めにし、左足を少し引いてオープンスタンスにします。ボールは右足つま先の前に置き、クラブはハンドファーストに構え、グリップは左太ももの前あたりにもってきます。少し左足に体重をかけて、左手とクラブシャフトが一直線になるようにして身体の回転で振り抜いていきます。

  • 振り抜いた後は、グリップエンドが自分のおへそを向くように振れていれば身体の回転でしっかり振れているということになりますので、その点に注意しながら練習していきましょう。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判