ディボット跡からの打ち方

運悪くディボット跡に乗った時の打ち方


 目土の上にボールがあるケース
  • このケースでは、1番手上のクラブを選択することをお勧めします。フェアウェイからボールを打つのと同じクラブを選択すると、土の上にボールがある分、少しでもダフってしまうと、大きく飛距離をロスしてしまうからです。

  • また、打ち方についても少し変える必要があります。ボールを1個分程右寄りに置いて、グリップをハンドファーストにします。そのようにすることで、ボールをクリーンにヒットできるようにします。ハンドファーストにした分、クラブをしっかり振り抜けなくなってしまうため、飛距離はロスしてしまいます。そのロスした距離をカバーするために、1番手上のクラブを選択するのです。

 ディボット跡にボールがあるケース
  • このケースでは、無理にボールを上げようとしないで上からボールを叩くイメージで打っていきましょう。ボールを無理に上げようとして打とうとするとミスに繋がってしまいます。

  • まず、ボールは真ん中から2個分右寄りに置き、グリップはハンドファーストにして構えます。そして、少し難しいと思いますが、スイング時に右手首の角度をフォローまで崩さずに上から打ち込む意識を持って振っていくことが必要になります。手首の角度をキープしたまま振っていくためには、身体の回転で振っていかなくてはいけません。ハンドファーストのアドレスから手首の角度をキープしないで振っていくとトップやダフリが出やすくなってしまいますので注意が必要です。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判