林の中からの打ち方

林の中からの打ち方を学ぼう


 まず脱出することを考える
  • 林の中に入ってしまったら、まずは脱出することを考えましょう。そして、ボールのところに行くまでにフェアウェイの状況やグリーンまでの距離など、周囲をよく観察しながら、次に打つショットのことまで考えておくことが大事です。ボールが見つかったら、まずやることはライを確認することです。ボールが今どういう状態におかれているのかを把握しましょう。

  • その際、低い球しか打てないのか、あるいは高い球で打てるのか等、どのようなショットが打てるのかを確認できないため、ショットに幅を持たせる必要があり、また、カートまでクラブを取りに戻って余裕がなくなるといったことのないようクラブは3本程度持って行くことをお勧めします。

  • ボールが見つかったら、まずやることはライを確認することです。ボールが今どういう状態におかれているのかを把握しましょう。


 次にどこに打てば良いかを考える
  • 次にどこに打っていけば一番安全なのかを考えます。一番広い空間はどこなのか、それが今の地点よりも近ければ近いほど安全な場所になります。

 林の中からの打ち方、打ち出すときの注意点
  • 林の中から脱出する際、低い球で打ち出して行く時には、ハンドファーストに構えて、ボールは中央ではなく少し右側に置きアプローチのピッチエンドランのような打ち方をしていきます。高い球で打ち出すと小枝に当たるなど二次的なトラブルに繋がり兼ねないため、低い球でウェアウェイに出す方法が一番安全です。

  • 林の中からは安全な場所まで脱出することを考えるのが最優先ですが、その次のショットのことも考え、脱出した地点からグリーンまでの残り距離をどの程度残したいのか、その距離を計算した上で、林の中から脱出する際には目標とする地点までの距離を考えて使うクラブを選択しましょう。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判