傾斜からの打ち方

傾斜から上手く打つ方法


  • 「つま先上がり」や「つま先下がり」といった前後の斜面では、基本的には傾斜が「高い側」に体重をかけましょう。

  • 「左足上がり」や「左足下がり」といった左右の斜面では、反対に傾斜が「低い側」に体重をかけましょう。


 左足上がりの打ち方
  • 左足上がりの構え方では、右足(傾斜が低い側の足)に体重をかけ、右足の膝を軽く曲げ、両肩のラインと地面を平行にして構えましょう。ボールはスタンスの真ん中に置きましょう。

  • 打ち方は、基本的には斜面通りにスイングしていきましょう。このライでは、ボールがフックしやすいので、少し右側を狙うスタンスで構えてスイングしていきます。また、大振りするとフックが出やすくなりますので、スイングはできるだけコンパクトに抑えて打つことでフックの度合いを小さく抑えることができます。

 左足下がりの打ち方
  • 左足下がりの構え方は、左足(傾斜が低い側の足)に体重をかけ、左足の膝を軽く曲げ、両肩のラインと地面を平行にして構えましょう。その際両足は少し広めのスタンスで安定した体勢をとり、若干オープンスタンスにするとさらに安定性が増します。ボールの置く位置は、左足下がりではスタンスの右側に置くとクリーンにヒットしやすくなります。

  • 打ち方は、基本的には斜面通りにスイングしていきましょう。このライでは、ボールがスライスしやすいので、少し左側を目標にしたスタンスで構えてスイングしていきます。また、ボールが上がりにくいので、低い弾道が出やすくゴロにもなりやすいため、少し小さめのクラブでフォロースルーを低く出していきましょう。

 つま先上がりの打ち方
  • つま先上がりの構え方は、傾斜が「低い側」かかと側に体重をかけ、前傾姿勢で構えましょう。このライは、後ろに倒れやすく、バランスも崩しやすいので下半身の構えを崩さないようにして下さい。

  • 打ち方は、ボールがフックしやすいので、少し右側を狙うスタンスで構えてスイングしていきます。また、大振りするとフック球が出やすくなりますので、スイングは前傾姿勢を崩さず、コンパクトに振っていきましょう。その際、フォロースルーを低く小さく出すようにするとボールを上手くコントロールしやすくなります。

 つま先下がりの打ち方
  • つま先下がりの構え方は、傾斜が「低い側」つま先側に体重をかけ、前傾姿勢で構えましょう。この傾斜では、下半身を安定させることが重要になるため、スタンスは広めにし、肩幅よりも広めにしましょう。また、下半身を安定するために、少しガニ股にして両膝を深く曲げ、お尻を落としてどっしり構えるようにし、重心を下げるようにします。

  • 打ち方は、ボールが低くスライスしやすいので、少し左側を目標にしたスタンスで構えてスイングしていきます。また、スイングの際に少し左足に体重を乗せておくとミート率が高まります。



 



教材の中でも特に「評価」・「人気」が高く、
短期間で確実に上達が期待できる厳選教材をご紹介。
是非この機会にその秘訣を知って、効率よく上達しましょう!
スイング全般 スイング教材
>>詳細はこちら
ドライバー(飛距離) 飛距離アップ教材
>>詳細はこちら
アプローチ アプローチ教材
>>詳細はこちら
パッティング パッティング教材
>>詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
スイング全般 ドライバー アプローチ パッティング 女性・ジュニア 口コミ・評判